【感想】アメトーーク スクールウォーズ芸人 山下真司

録画しておいて良かった。
自分の中ではWWE芸人と並ぶぐらい面白かった。
放送されていた当時(84~85年)、高校生。
あの頃はどこかおかしいと思いながらも笑ってはいけない雰囲気があった(気がする)

 

■大木のモデル、山本清悟さん。
実際はこんな方。
京都一の悪 山本清悟 伏見工業入学 動画

 

瓶ビールを買う金はあっても母親が病弱で貧しく弁当がない。
空腹をごまかすために水を飲んでいた。
遠征試合の時ひとりバスに残っていたら「女房がでかいメシ作りやがった」と
差し出される。これも実話。

■ところが
スクールウォーズ 松村雄基のキック 動画

※今となっては笑えるシーンばかりを立て続けて流したために「たしかあのへんで感動したはずなのに」どうしても笑ってしまう。

■和田アキ子と梅宮辰夫が夫婦役
非常にバイオレンスなキャスティング。夫は急死。「一度も泣いたことない女が泣いていた」(ナレーション)
フジモン:おまかせイチの悪が泣いてましたね

幽霊になった大三郎が現れる場面など完全に笑われていた。
他にも高3なのに小1で習う漢字「花」を練習し
「花という字を10書いたら花束みたいだぜ。100書いたら花束だな」
しかもジャポニカ学習帳を使っている。
岩崎良美が50回も胴上げされるシーンなど
17歳の時見ていたはずだが、完全に記憶が抜け落ちている。今回再確認。

イソップ物語 高野浩和(歌のみ)
ブルーレイ発売 高野浩和さんコメント 動画

最後に山下真司登場
山下:くやしくないのかああっ!!

小杉:くやしいです!!
山下:だからどうしたいんだぁっ
礼二:勝ちたいです!!(全員立つ)
山下:俺はこれからお前たちを殴る!!礼二、歯を食いしばれ!剛、弟と仲良くするんだぞ!小杉!もっと毛を増やさんかい!ケンドーコバヤシ!...お前にはなんにも言うことなぁいっ!塚地!!ドラマも頑張ったなぁっ!! 藤本...きれいなかあちゃんだなぁっ!!松村!!お前なぁ...お前な...天国のイソップが、よろしく言ってたぞ!
松村:これは暴力ではない。もしこれが暴力ということがあるならば、イソップは●✖▽...
←※肝心なところで噛んじまった。これは礼二の方がうまいかも。

なんでここにザブングル加藤がいないんだろ...

 

 

   

では
馬上から失礼します。

2019.8.23追記 山下さん自身は下関商バレー部。ドラマ出演までラグビーは未経験。24日YAB「どき生テレビ」←土曜早朝 出るよん

追記 2019.10.19

ではこの頃の収録か。先生、、、どこにいるんですか 太田先生を探して 参照

 

サワコの朝 内藤剛志 二代目風車の弥七。

連続30作品出演記録は日本で破られていない
・あなたはどれだけ見てましたか?

 

Img_0398
ほんとにありがたいことだと思うんですが、でも
世の中のお父さんって働いてますもんね(笑)
だから僕、演技することが仕事だから、毎月働いてたって普通だと思う。

阿川:断ったこともあるんですか?
スケジュ-ル空いてないと、そりゃ無理ですよ。断らないですよ。
20歳ぐらいからこんなことしてまして
仲間がいっぱいいてみんなその夢を持っていても、
必ず椅子に座れるわけじゃないじゃないですか。なので
自分もそうだけど一緒に目指した奴の分までってどっかで思ってますね。
断るなんてとんでもないですよ。(カメラ目線で)どんどんください仕事(笑)

阿川:どっちかって言うとイメージは、刑事か捕物帳・・
86~7%が刑事。これ(2001年)以降、87%、10%が検事事務官、法律関係の。
弁護士。残りの3%が悪い役
です。
阿川:て事は、区別が自分でつかなくなってる?
やっぱりね、変えたいんですよ。ビジュアルはもう無理ですよね。
髪型変えられないし。だから例えばですけど、ポケットに手を突っ込むことをしないとか
意外と突っ込む突っ込まないは、雰囲気変わるんですよ。

阿川:律儀な感じかどうか
ちょっとしたことなんですけど。意外と変わる。そうすると乗りやすいんでしょうね。
結局、自分をどう見せるかは、外からやったほうが早いんですよね。

阿川:声は、各役柄によって変える?
それはやってますね。
阿川:中尾彬さんみたいにはならない?
中尾さんそうでしたっけ?(笑)結構はっきりしゃべってませんかね?
阿川:おこっちゃやーよ
中尾さーん(手を振る)

僕はブレスを入れるか入れないか。意外と飽きないですよ。
阿川:内藤先生!演技学校の先生みたい!

●記憶の中で今もきらめく曲
STAND BY ME ジョン・レノン

大学時代
文学座いって自分でも劇団作って、自主映画も作ったけど結果が出ない。
付き合ってた子がいたんですよ。
この曲で
「空が落っこってきたり、山が崩れたりしても君がそばにいてくれたら」
芝居はうまくいかないんだけど、その子だけはいつも見てくれる。
だから半同棲したりとかして。
もうやめようと全部。芝居やめた、大学も辞めた、
彼女は横浜の子だったんで、家の近くに引っ越そうって
新宿にいたんだけどやめて、ずっとこれが鳴ってるわけですよ。
その子さえいればいいと。
横浜行って新聞配達のアルバイトやってた。
ところが辞めると仕事が来るわけですよ。25歳ぐらいになると
大森一樹監督の映画とか。
不思議なもんですね。
こっちから恋焦がれてたら、あっち行っちゃうんだけど
全部止めたら向こうから来て
NHKの連続ドラマだったりとか、どんどん入るようになって。
(カメラ目線で)きょうまでバイトしてません、来週からするかもしれません。
彼女とは結婚しました。
さっきまでずっと一緒にいました。

父親がスイッチャーやってたんです。
ドラマのスイッチャーだったんで、どっちかというとそっち行くだろうなと。
子供の頃はスタジオに行ってました。
(僕が)ちゃんと食べていけるか不安だったんでしょうね。
いい悪いとかじゃなくてね。
運です。ほとんど。ここにいるのは。
家なき子だって出てなかったらどういう人生だったか。
ほとんど運ですから、親からすればそこへ子供を渡すなんて。
よくわかってた人だったと思うんです。
舞台ってものを見てたわけだから。
昔ちょっと「お前、スイッチャーの気持ちを分かってない」と
言われたことはあったんです(笑)
こっち撮って頂いてて、次違う方向だと
まだ画が来てないのにしゃべってたりするんですよ。
変わってからしゃべり始めたらジャストなのに。
いい役者さんだったらしゃべりおわってもスイッチングしないって。

 

一番初めの監督はスタッフさんだって。
スタッフさんがいい仕事と思ってないのに
その先の仕事はやってこないと。
そこはたくさんの言葉ではないけど伝えてくれた。
・・まだ元気ですけどね。今、2カメさんですね(笑)

席は20代の時10個あるとしたら、30代でちょっと減るんです。
僕は割と遅く、25ぐらいでいい役が来始めた。
それより前にやってた人達がいるんですね。
近い世代で言えば佐藤浩市くんとか、中井貴一くん。
取り合ったという意味じゃないですけど、早くデビューした人たちがいた。
見ると椅子が少ない。
でもパイプ椅子はある。(脇役は)そこに座った感じ。
NGは出さない。感じ悪いっしょ。
なかったんですよ。年取るとかんだりするんです。歳だなと思いますよ。
あるドラマの時にちょっとあった。
気持ちは若くても。それと付き合っていけばいい。

いま60ジャストです。
主演が多くなってきた。そこはいいかな。主役をやりたいです(笑)
渡瀬恒彦さんの「十津川警部」長いんですよ。10年ぐらい。
先輩に「(僕のは)2、3回ぐらいですぐ終わる。なぜなんだ」と聞いたら
「台本もらった時、自分とこ中心に読んでないか?違うぞ。
 主演は、周りの方々の芝居を全部読むんだ。お前自分にこだわってないか。
 逆だぞ」
おっしゃるとおり。出てくださる皆さんがモチベーション持ってくるから。
みんながいい気持ちで楽しくやってるかが映るんです。
テレビはでかいから、映ります。

弥七?ないわそりゃ。
弥七は中谷さんがおやりになったもので、永久欠番だと。
プロデューサーさんに
「極端な話ですけど、弥六でも弥八でもいいです。弥七はないです」
寅さんを、渥美さん以外の方が今更・・そういうイメージがあった。
中谷さんと渥美さんは違う俳優さんでもありますけど
見る側としてはそういうことなんですね。ちょっと考えさせてくださいと。
引き受けてやったんですけど、やっぱり苦労しました。
「弥七っぽくないな」ってのがみんなの中にある。
伝統芸能に近いものがある。

※いや違和感はなかったけど?
 むしろ、自分の中の水戸黄門は西村晃まで、百歩譲って佐野浅夫なんで
 石坂浩二や里見浩太朗は黄門っぽくないなと思った。
 

花燃ゆで真央ちゃん言ってましたけど
「家なき子の安達祐実ちゃんみたいな気持ちでした」ww
あれは井上真央と防府市民がかわいそう。放送前の地元番宣で、松村邦洋呼んで「花神」以来の舞台ですねとか言わせといて蓋開けてみたら脚本家コロコロ変えて迷走。あれはないよな。県民もだけど隣の広島県の視聴率も低く 全国みな低いまま終わった。

●今元気になれる曲
あゝ人生に涙あり

涙のあとに虹が出るんですから(笑)
人生を肯定してる。歳をとれば取るほど染みる。

あっ最新版の歌手。

追記:2016.1.6
4日に追突事故起こしてた。
前の車が発進したと勘違いしたのだそう。

2020年「あんパンまみれの遺体」もあったような

A-studio 勝地涼 #あまちゃん #前髪クネ男 小栗旬との共演話 

2018.7.31追記 前田敦子と結婚とかびっくり。 oricon style

チョー緊張する・・あはは・・すみません・・
鶴瓶:小栗と飲みに行った時も、よう一緒に・・
勝地:そのあと、赤坂の・・
鶴瓶:やから、今日嬉しかったん
勝地:覚えてくれてましたか?
鶴瓶:ボケやんそんなん。一緒に飯食い連れてった人間を
    「どなたでしたかね?」
勝地:2回目赤坂に呼んでくださったじゃないですか。
    最初(小栗)旬君と飲んでて電話代わって
    「おお!!阪急電車見てたぞ!!良かったわ!
    はじめまして鶴瓶ですぅ!」って言われて(笑)

    「いや初めてじゃないです・・・」

今日ドラマのポスター撮りで
髪の毛セットして写真撮ってもらったら
オトナたちがざわざわしてて
「なんかカツラみたい」って言われたんですよ(笑)
だから今日ちょっと変えたんですよっ

鶴瓶:ええ顔してんねんで。でもちょっと抜けてる。おもろい。
   家が花屋さんで、ロケあったんやろ?

勝地:そうです。瀬戸朝香さんと堂本光一さんのドラマ。
鶴瓶:そっからスカウトされたんやろ?
    オーディション通ったとかちゃうねん。花屋の息子でおったんや。
勝地:うわ~芸能人おる、言うて。
    スカウトされたマネージャーから電話かかってきて
    「花屋の近くで見てた少年がいる。可愛い子が」
    母が「いやぁそれはうちの息子です」名乗った。
鶴瓶:名乗ったん?いくつやったそんとき?
勝地:13歳ですね。
    社長が「この台本読んでもらえる?」ドラマの台本読んだりして。
    また違う階に連れてかれて、キンキキッズの「flower」歌ったら
    「うん、まぁ、君は歌はないわね」(笑)
    歌がすごい苦手なんで

 

下駄を鳴らしてセプテンバー


ラジオでマイクがオンのままになってて
思い出話がそのまま流れた。
クドカンとはついこないだ会った。
舞台の合間に罰ゲームで「さらば涙と言おう」を歌った。
休憩って誰のためにあるんだ
お客さんも休むためですけど、役者も休むためにあるんですよ。そこで・

ドラゴン気取りのティーンネイジブルース

歌はあえて外さなきゃいけない設定なのが難しかったですね~

・前髪クネ男
ト書きに「くねくねくねくねずっとしてる」みたいな。
腰を動かしてるってなんとなく動かしてる感じでいいのかな、と。
現場に行ったら古田新太さんがちょうど空き時間に待ってて
「おう、来たか。今日はどんな感じでやるんだよ」
「こんな感じですかね」「つまらん、つまらんな。お前の芝居つまらん」(笑)
「腰を中途半端に動かすんだったら、ずーっと前1本でいいんだから。
前1本動かしてやれ!」って言われて
本番前1時間ずっと稽古してましたよ私。

えっ江頭みたいな動き

腰動かしてたら古田さんに「前髪いじるの忘れてる!」

※同時期に八重の桜で山川健次郎やってんのに。

・結婚願望
めちゃくちゃありますよ。周りどんどん結婚していくし
兄貴も子供が生まれて。
家族っていいな。ほんとに子供好きなんで。
僕らよりちょっと上の世代、龍平くんとか結婚してるし。

・小栗旬
舞台「カリギュラ」で初共演。
兄の同級生の先輩が旬君なんで家族ぐるみで仲良くて。
舞台「髑髏城の七人」(2011)の時、突然体が不調になった小栗旬の
身の回りの世話をした。
原因不明でどうすることもできなかった。
稽古場に行きたいけど体が動かないし。眩しかったりもするみたいで
稽古場でもサングラスかけてるし。
みんな心配してるんですけど、僕だけ昔から知りすぎてるから
「どこの大御所だよ」って感じがしてたw
本人は苦しかったんでしょうけど、俺は笑いこらえるの必死で
「うわ~稽古場でサングラスかけてる~」
今だから言えるけど、当時は言えないですよ。
すごい心配したフリしましたけど
「なんでサングラスかけてんのお!!」って
面白いんですよ。すごいかっこいいセリフ言ってるけど
サングラスかけてて・・全然表情わかんないと思って(笑)

・蜷川幸雄
17歳の時初めて舞台出さしてもらって
全然怒ってくれなくて。
「ムサシ」の時佐々木小次郎の役やった時に
食べる物まで言われて。「小次郎はそんなもの食わない!」って。
稽古場で髪の毛引っ張られながら
「もっともっと悔しいと思え」
藤原竜也くんのやったあとだったので、余計なことばかり考えてウジウジ。
ロンドン公演が最初なんですよ。
緊張してストレッチやってたら蜷川さんが
「勝地ってさあ、ちっちゃい頃から仕事やってるからさあ
大人の顔色とか見て発言してるよね。後輩でいるのって楽だからなあ」
えっ?て。
イギリス人にしてみれば
小栗旬も知らなければ勝地涼も知らないから。
鶴瓶:
クドカンに音外す歌をいじられ
古田新太に腰をいじられ
蜷川幸雄に稽古の時、あいつが立つ位置で
「おい!そこ立ちたいのか!おい!勝地が立つならどいてやれ!」
すごいやろ
俺が嫉妬する男が勝地やと、小栗が言うんです。
クドカンは
「香川照之は役者バカ、勝地涼はバカ役者」
いじられる人間は可愛がられる。
小栗も「そのバカさがみんなに愛される」と。
これからもっと出てくる。それが勝地涼。

  

【抜粋】サワコの朝 コシノヒロコ 「カーネーション」よりすさまじいお母ちゃん。

阿川佐和子の衣装は「ヒロココシノ」
多分脱いでも可愛いと思います。かわいらしい。
あたしこういう着物っぽいプリントがいいなあと思って。

 

佐和子:長女がヒロコさん。時々お会いになったり
ヒロコ:ううん、帰ってきますよ。岸和田祭り、だんじりの時は「お母ちゃんのためにも帰ってこなきゃダメよ」って言って。
佐和子:3人ともデザイナー。互いに認め合って・・
ヒロコ:認め合ってるかどうかわからないけど(笑)今でもお互いライバル意識で「少し凹めばいいのに」とか思って(笑)
でも一人凹むと、天国にいるお母ちゃんが嘆くだろうと。


■三姉妹の性格


佐和子:ヒロコさんから見た3人の性格の違いはあるんですか?


ヒロコ:全然違う。私は子供の頃からものすごく気が弱くって。こんな性格じゃなかった。人に会うのが嫌いだった

とにかくおじいちゃんおばあちゃんに可愛がられすぎてジュンコはそれに対して、とてもジェラシー。「お姉ちゃんばっかり!」みたいな。ミチコは我関せず。上の姉二人がどんなにケンカしてても知らん顔「ここは私が関係せんほうがええわ」そのへんが賢いです。今でもそうですけど、面白いですよ。ちがいは洋服にも出てたんですよ。私は子供の頃、祖父に連れてってもらって歌舞伎見たり そっからくる色や形が、私の中にあって。その中から表現していく。ジュンコは非常にアバンギャルド。宇宙空間から出てきた近未来的な。ミチコは非常にスポーツの好きな子だった。テニスで1位とってますから。彼女のやることは全てスポーツウエア。

 

■ 朝ドラ「カーネーション」よりも凄まじいお母ちゃん


ヒロコ:NHKの朝ドラに出るのが夢だった。集金に来るじゃないですか。その人捕まえて「あんた、NHK帰ったらな、あさどら!うちのやってって言うといてくれる?」(笑)そんなもん関係ないから、言うのやめとき・・なんでもそんな調子。  朝ドラで見るより凄まじいんですよ。

みんなからすごく神様みたいに言われるんですけどうちのお母ちゃんほどおっちょこちょいで、ええかげんで この人だけは頼れないわ、と思った。お母ちゃん73で自分のブランド発表したの。あたしびっくりしたのは、作品みんな きょうだい3人とものアイディア、バッチリパクリ私らなあ「ジュンコの真似だけはせんとこ」「ミチコの真似だけは」ってこんなに頑張ってんのに、お母ちゃんのデザインなんやねん、言うたら「お母ちゃんの自慢は、あんたら3人生んだことや。あんたらのオリジナリティは私のもんや。親やったら当たり前やろ」「わかりました」言うて帰ってきましたよ。あたし感心したのは、それぞれのいいところきっちり抜いてるんです。ジュンコらしいとこ、ミチコらしいとこ、ヒロコらしいとこ。ちゃんと見抜いて、ちゃんとパクってるんです(笑)やっぱり親にはかないませんわ。


■記憶の中で今でもきらめく曲


笠置シズ子「買物ブギ」

あれ、お母ちゃんの歌かなと思った。
朝から晩まで働き詰め。とにかく忙しいんですよ。
あわてんぼうで慌ただしくて。とにかくやかましい。
こどものことは後回しでとにかく自分のことしか考えられない。
お母ちゃんのことを表してる歌でした。
いつも背中を向けて何かやってる。
「お母ちゃんお母ちゃん、ちょっとこっち向いてよ」
私たちのこと気にかけてよって言うんですけど、気にかけてくれない。

佐和子:お母ちゃんがそうだったら、その職業に反感持つとかなかったんですか?

ヒロコ:あたしはすごい反感持ってました。親の後継をしなきゃいけないって、子供の頃から言われて。親がやってること見ると、あんなこと絶対やりたくないと思ってました。お盆や正月、人様が遊ぶ時に一所懸命洋服縫うわけでしょ。何日徹夜しますか。居眠りしながら縫ってるんですよ。その頃ファッションなんて楽しい世界じゃなかったのよ。ひとのために犠牲になってるふうにしか見えない。後継は絶対嫌や。したらお母ちゃんが「そうか。ほな自分の好きなことしぃ」言われて「あたしは絵描きさんになりたい。なるねん」3つの時から絵をかいてた。東京か京都の美大受けるから、一生懸命勉強した。そしたらお母ちゃん気が変わって「やっぱり美大行くのやめとき。絵描きさんは苦労ばっかりやからあかん。やっぱ洋裁や」「いいや絶対嫌」1年間反抗して。3階の私の部屋から飛び降りて死んだろか、思て。それぐらい親の言う通りするのが嫌だった。それが高3の時。


■転機:デザイナーを目指した理由


ヒロコ:でも私の目からウロコがポロッと落ちることがあった。中原淳一先生の本があって。すごい素敵なお洋服の絵が。 今で言うファッションのイラストレーターの絵を載せてた。「洋服の世界の中で、絵を描くことがあるんや」
絵が、いわゆる設計図みたいなことがあるんだと。とても素敵なイラストで描かれたものが、服になるんだ。生かせる世界があるんだなということ。
佐和子:描くことで、洋服に還元する。
ヒロコ:そうそう。私は縫わなくていいんだ。画家という形でファッションに還元すればいいとわかったの。

※中原淳一は女優・故葦原邦子の夫。


中原淳一ホームページ 中原淳一ホームページ

 

■妹・ジュンコさんとの関係
もう毎日喧嘩ですよ。装苑賞とか出すときに彼女にアシストさせて。
そこは協力し合って。ちゃんと私の横でイイトコだけをピシッと取って。
非常に早道をパパパーンと行くわけです。
私はいいんだか悪いんだかわからない。
けど横で見てるジュンコはいいとこだけをさささっと。
だから私より早く装苑賞とったんです。
一生、この道に関して頭が上がらない。カーっときたの。2位だったんです私。
1位とれなかった。たまに会ったときはその話絶対出しませんけど。
あの子も触れません。けどある番組できょうだい3人出た時は
テレビだと言えるんですね。
「弱い私がここまで強くなれたのは、ライバルであったジュンコのおかげよね。
あの時装苑賞とってなかったから今の私がある。ジュンコに感謝してる」
 

初めてその場で言ったらジュンコが
「ええ~っ。お姉ちゃんのあんな顔初めて見たわ。お姉ちゃん死ぬんちゃう」(爆笑)
わだかまりやライバル意識というものが、お互い支えてきたんだけども
どこかで素直になれたというか、一人の人間として大人になったのが
ごく最近の話ですよ。

■デザイン発想術


私はね、コレクション作るときは必ず旅をする。
今回ギリシャに行って、若者の、あふれ出るようなエネルギーが全部絵になって。
いわゆるストリートブラック。それを見て感動して。
何かに感動するとすぐ絵を描きたくなる。
テキスタイル、材料。私の中から出てきた生地を形で表現するの。
東京は・・あまり私は感じないですね。
いまの、東京で若い人達がやってるファッションは
面白いんですけど、洋服としての価値観、
モードとしての面白さは感じられない。
ながくファッションやってきて、ほんとにいい服を見て育った連中は
どうしても、そこにアート性や精神的な面を求めてしまう。
他の人にない私らしいものは何なのかとか。それを追求する。
ある意味、トレンドとか流行は関係ないと思っちゃう。
「流行ってるから迎合して作んなきゃ」って気持ちは、毛頭ない。
自分の興味のあるものしかやりたくない。

だから私に、若い子達の服をデザインしろと言っても無理です。
私分かってないから。そういう子たちとの生活と私は関係ないから。
やりたくない。

歳をとればとるほど、持っている美貌とか無くなっていくんです。
やはり内面ですよ。洋服によって自分の生活がガラッと変わり
希望が持てるのであれば素晴らしい。
そんな洋服を作ることが私の使命ではないかと思ってる。

50過ぎた男性が好き。うちのお母ちゃんは90過ぎまで恋をしてました。
お父ちゃんは戦争で死にましたから。
お母ちゃんお好きな人を私に会わせませんでした。取られると思って。
女ですよ。子供として苦労してるんですよこれでも。

■今心に響く曲
越路吹雪「愛の讃歌」
大好きなの。あたしも恋をしましたけど、聞くたびに悔しい。  
 

サワコの朝 倉本聰「北の国から」やめようと思った理由(抜粋)

この世界では大変な巨匠だけど意外に雷が怖くて泣く方。

サワコ:私は「豚娘」なんて呼ばれて泣いていた。私中3の時に初めてお目にかかったんじゃないかな。父の原作、NHKのドラマの脚本を書いていただいて。※「あひるの学校」

父が倉本さんの身元保証人に、なった。
倉本聰:北海道に土地買った時に「早く返せ、何してるんだ。どこから電話してるんだ」「北海道です」「バカ。遠距離から電話したら金かかるだろう!金返してから電話しろ!」ガチャンと切られた(笑)

雷ダメなんですよ。蚊帳がなくなったでしょ。
昔は蚊帳の中に逃げ込んでた。


勝海舟の途中降板の話、年末のゆうどきでやってたっけ
NHKなのに。

●記憶の中できらめく曲
中島みゆき「きつね狩りの歌」

このアルバムがねえ、暗いんですよ。暗くて暗くて。
「うらみ、ます」も入ってて。
僕富良野ですぐうつになっちゃって。死にたくて死にたくて。
女房は「うつりそうだ」って東京に帰っちゃうし。
札幌の病院に駆け込んだんですけど、苦しかったから。
うつは薬じゃ効かないんですよ。なかなか。
とにかく薬で抑えるんですけど
「これから毎年この時期になると起きるよ」って言われて。
嫌なこと言うなあと思って。
でもそれがケロッと、起こらなくなった。
試されたんだと思うんだ、土地の自然に。おまえ本気なのかって。
「いい加減な気持ちでくるな」ってやられた気がした。

サワコ:なんたって大河ポッちゃったわけですからね
ぽっちゃったって、あんた、どこの言葉よ(笑)

大河ドラマは3回に分けて金くれるのよ。300万、けったくそ悪いから返しちゃった。叩きつけて。それでうち7万しか残らなかった。
(※74年「勝海舟」脚本を降板。39歳)

札幌ってのは肝臓に悪い街なのよ。
ススキノのすぐそばに住んでて。
ヤクザとホステスしか住んでない街。
コインランドリー行ってると、ホステスが
「そんなの男がやることじゃない。あたしがやってあげる」っつって。
彼女がつとめてるバーに行くでしょ
そしたら利害関係のない人とばっかり付き合うようになって。
東京にいるときはだいたいテレビ局の人とかさあ
利害関係のあるのばっかりなんだよね。
よく物書きになれたなって。
金無くなったからタクシーの運転手になろうと思ったのよ。
飲み屋で会う連中が
「先生の顔はタクシーじゃない、トラックだ」(笑)
それで豊平の教習所にトラックの免許取り行って
明日からって日にフジテレビから電話かかっちゃった。
TBSからはかかってこなかった(笑)

 

■廃屋

北海道には3つの廃屋があるの
海岸に残された番屋の廃屋、炭鉱住宅の廃屋、
農村の離農した廃屋。
細い獣道を入っていくと米のカスが入ってて
10数年前に夜逃げした有様が見える。ドラマがあるでしょ。

マイナス28度が1週間続いたことがある。

一番困ったのはトイレ。ポットンなんだけど怪我しかけた。
こういう風に盛り上がってくるでしょ、マッターホルンの突端みたいに
肌を突き刺す。アイスウンチです。
女房は中で、自分は外で。
玄関の外で糞をするのは至難の業。富良野はパウダースノーなんです。
足で固めて真ん中掘ってそこでする。
見てるとスーッと瞬間冷凍。

・北島三郎さんの付き人を経験

ロケしてたんですよ。「幻の街」
2000人ぐらい野次馬が集まってて、なんでこんなに人気があるのだろうって
だから「付き人やらして」って。青森で1週間ぐらい。

相手の職業も学歴もない、一番底辺のところでファンと対してる。
それを1週間見せられて。
隣の農家の渡辺さんとかが仕事終わって、一杯やりながら
俺のドラマを見てくれてるんだと思うと作風変わっちゃったね。

北の国から
300人ぐらいを3ヶ月ぐらいかけてオーディションしたの。
難航したのは五郎役。
候補がたくさんいて
高倉健、藤竜也、西田敏行、中村雅俊、田中邦衛・・

 

いちばん情けないのが邦さんだった。
田中邦衛に決まってからストーリーができた。

・純が妊娠させた女性の家にかぼちゃを持っていく場面
「芝居がかった真似はやめてくれ。誠意って何かね」と相手の父親に問われる。
※裕木奈江の父役は菅原文太

五郎自体が高校時代に「一発屋の五郎」と呼ばれてた
相手の女性を妊娠させ、五郎の父がかぼちゃを持って謝罪に行ってた。

最初のロケで三本足の狐が出てきた。
餌やったら近寄って食べに来た。24話のエンディングを作ったんですね。

・21年目で「北の国から」辞めようと思った理由
スタッフが歳をとった。定年退職が増えた
岩城を殺しちゃったでしょう。軽飛行機の免許を取ったから
先に死ぬ、と思って殺しちゃった。苦情が来た。

加賀まりことか桃井かおりとか、欠点だらけの人がいいんですよ。
八千草さんはわからなかった。新珠三千代さんも。

テレビドラマをやめようと宣言はしないけど。
TVディレクター達に役者を渡しちゃうと、悪い意味で思いがけないものが出てくる。
それは体に悪いんですよ。
テレビは茶の間に入ってくる。どんな病人や赤ちゃんが寝てるかわかんないから
そ〜っと暖簾をあけて「お願いします」と入っていかなきゃダメだって
テレビの初期に教わったんだけど、今そうじゃないでしょ?

■今元気になれる曲
ショパン「ノクターン第20番」


さだまさし「北の国から」はねぇ
「あ~」と「う~」だけで「作詞」はないよね。図々しいよね。作曲だけでいいよね。

※30年以上前「昨日、悲別で」直筆サイン入りプレゼントに
 母が当たったことがあって。今も実家にあるかしら。
 また時間あったら書き直しますこの記事。

 

【感想】NHK 特集ドラマ 途中下車 北村一輝 原田知世 野際陽子

冒頭、北村さんの一人芝居みたいな感じ。
会社を辞めたので、
妻が図書館と弁当屋のパートを掛け持ちし
結局体調を崩して入院。

知世ちゃんが病室で泣くシーン。
紙の月」も台所で泣き崩れる場面があって
何故か一緒に泣きたくなってしまう。

野際陽子
彼女演じるカウンセリングルームに通って
徐々に取り戻してゆくのだけど
70分ちょっとで見せるには少々強引。
医者と患者のやりとりはもうちょっと見たかった。

パニック障害は100人にひとり。
自分でタフだと思ってる人がかかりやすい。
追記

パニック障害→パニック症

灰島樹(いつき)役は松田知己

HP参照
CMには出てないけど「サキ」「東京全力少女」など。
ドラマでは、給食の味噌汁が嫌いで学校を脱走し
父と再生の旅に出る
妙にリアリティのある坊やを演じていた。かわいい。
この父親にはこの坊やが必要だと思うシーンがふんだんに出てくる。

パパ
空が青くて、白くて、赤い。


・・ここよかった。
将来すれっからしのガキになりませんように。


原作は北村森「途中下車・・パニック障害になって 息子との旅と再生の記録」
著者は41歳でパニック障害に
アマゾンレビュー見たけど
経験者かそうでないかで評価が両極端。
特に薬を捨ててしまうくだりは意見が分かれる。

 

NHK スタジオパークからこんにちは 奈良橋陽子 #マッサン キャスティングディレクター

●キャスティングディレクターとは。

奈良橋:台本がありますね。一人の役があったとして、どういう俳優さんがこの役に適してるかを監督と話しまして、紹介していろいろ提案するんですね。私がいろんな方を紹介して「この方がいいんじゃないかな」と監督に紹介するんです。英語の指導はあまりやんないですね。発音が完璧でない場合は手伝います。日本の俳優さんは演技が素晴らしいので、特訓して完璧にできるように。自分が所有する、自分が本当に言うのが大事。やっぱ感覚ですかね。演技が一番大事。英語はあと。生命力、エネルギー、存在感、カリスマにつながる。なるべく多くの方にチャンスを。
 ●「ボクらの時代」
昨年7月、桃井かおり、菊地凛子と。関連記事
「ラストサムライ」「バベル」の話もちょこっと。

●奈良橋陽子といえばゴダイゴ。
伊藤アナ:ボクら50代前後の世代からすると ゴダイゴの曲の作詞をされていたイメージが。
※「ガンダーラ」の日本語詞は山上路夫。

竹下:あたしがドラマの撮影してる時、隣で「西遊記」撮ってましたから。
伊藤:当時、日本語と流暢な英語で歌うって非常に新鮮、画期的。ワタシも英語の部分は「journey」以外ゴニョゴニョと歌ってました。

●「マッサン」のエリー

アメリカで探して、演技のクリップやスカイプでシャーロットさんと話したり
最後は数人に絞られて。
推薦する以上確認しなきゃいけないので。
彼女はロスじゃなくて違うところに住んでたので
いっぺんロスでお会いして、1日じゅう日本語の特訓して。
カメラテストを日本でやることになったので。
その時に努力家であ。精神的にスタミナがないと朝ドラは大変ですよね。
日本語を話したことも、日本に来たこともない。
そうういうものへの受け入れ態勢とかいろいろありますよね。
これだったら大丈夫という「受かるよね」って感じで行きました。
あとは本人がよく頑張った。
陽子は空港の搭乗口まで見送ってくれました。
手を振ってお別れしたあとも
私の姿が見えなくなるまで見守ってくれました。
彼女は撮影前に
「撮影現場では毎朝元気よく
OHAYOUGOZAIMASU!と笑顔を忘れなければ
きっと素敵な作品になるわ」と・・・思い出したら涙が・・
Hi, 陽子!とても会いたいです。
前向きに生きる素晴らしさをあなたから学びました。
i LOVE YOU.   
シャーロット・ケイト・フォックス 

 

NHKとしても冒険ですよね
素晴らしい挑戦にNHKがチャレンジするなら
何でもサポートしたい。彼女が頑張ることだけを考えた。
演技がいい。
彼女の演技を教えていた先生が、たまたま私の演劇学校の先輩だった。
彼女にも電話してお話を聞いて
「どこまでタフか?」ということも。
一瞬一瞬大事に演技してるなって。
日本語とスコティッシュの英語と。京都弁も習って。

 

いや~嫁姑場面は勘弁・・
この日の徹子の部屋は奈良岡朋子。
スタジオパークは奈良橋陽子。

 

新刊、初めはゴーストライターがいたのに
ゴーストのように消えちゃったらしい・・

 

 

 

 

【訃報】蟹江敬三さんといえば「あまちゃん」忠兵衛、人間だったらよかったんだけどねぇ。

朝刊を開くといきなりの訃報。

Img001

「あまちゃん」、ウニ丼かきこみながら戻ってきたが
しばらく遺影のみの出演だった。
今見ると何とも言えない気持ち。
今朝の「週刊ニュース深読み」が短縮版だったので
蟹江さんの訃報に触れなかったのは残念だ。
昨夜留守してたからニュース9でやったのかしら。
正午のニュースのトップは南リアス線全線再開。


Photo
テレビつけっぱなしなら週に1度は蟹江さんの映像を見ているはず。
昼間は「おとり捜査官北見志穂」「さすらい刑事旅情編」再放送、
また大河ドラマにも多数出ていた。
「龍馬伝」では屁をこいていた。
「おとり捜査官」は本日4月5日21時から放送。
幸せの絶頂・美女連続殺人 
富士山だけが知る、黒いベールの女の秘密
被害者3人に謎の接点


まぁなんということでしょう
この「サブタイトルでストーリー説明しすぎ」感。
宇津井健さんの時もそうでしたが
遺作、もうちょっとなんとか・・

一番古い記憶はこのCM。人間だったらよかったのにねぇ。
その後ローカルで やまやのCMにも。



20年前。

今朝「サワコの朝」に宮迫博之が出てて
早期のスキルス胃がんの宣告を受けたときの話をしてたけど
蟹江さんの場合わかったときは遅かったのか。
鬼平の粂八が大好きでずっと見てた。
ある日突然この世からいなくなる寂しさ。

学校で「お前の父ちゃんこんなこと(悪役)やってたぞ」と言われたけど
家に帰れば柔和な父。(蟹江一平)
あらゆるレッテルから自由でありたい(蟹江敬三)







サワコの朝 古田新太

今日のゲストは古田新太さん。

※日本エレキテル連合かと思いました。

005_2
「あまちゃん」後もスーパーで
人に「じぇじぇじぇだっ!」と指を指されるが
ドラマの中で1回も「じぇじぇじぇ!」とは言ってない。
おばさま方、お姉さん方には
「アンタ朝からいじめてんじゃないわよ」・・すごいなぁって思いましたね。

●記憶の中で今もきらめく曲
マイケル・センベロ「マニアック」


僕高校生だったんですけど、
「フラッシュダンス」何回も観て、仲間でブレイクダンス練習し始めました。
(←※ワタシも高校生でした)
基礎をやってた方がいい。クラシックをやってましたから
金髪にロン毛でタップとか踏んだら笑えるなぁと、その努力は惜しまないですけど。
小5までは馬場さん、プロレスラーにあこがれた。
馬場さんになりたかった。そんなに大きくならなかった。
その頃ミュージカルで、朝市の人たちの売り声がだんだん重なっていって
コーラスになってみんなで踊り出すのがあった。
ほんっとばかばかしいな、こんな市場の人いねぇ
面白いな。この人たち本当の市場の人たちじゃないんだ。
じゃプロレスラーの役とかあるんじゃね?と思って。
舞台俳優は人前で「なんちゃって」ができるんだと。こりゃいいわって。

「劇団☆新感線」て好きじゃなかった。
高校生の時人気があって。渡辺いっけいさんとか筧利夫さんがいて。
なんかちゃらちゃらしてるなぁと思ってた。
恋愛ものがどうも嫌いで「愛してる!」とか大声出すなよってw
1回だけ勉強さしていただきますって言って出て。
誘われて出た後に打ち上げでパンフレットもらったら
次の公演のところに自分の名前が出てたんです(笑)
「俺も出るんですか?」「出してやるよ!」
あくまで上から目線だな。
それからロックとかヘビメタを使う集団になっていった。
「もっとコント寄りにやりましょう」ってお下劣な方へ。
人気が下がってって、筧さんいっけいさん辞めたら人気がなくなった。
3000人いた団員が400人ぐらいになっちゃって。
打てば打つだけ客が減っていく。口コミで客が減る。

しかもちょっと面白くなってきた。お芝居で客いじりも始めて。
1年後に主演になって天狗になった「宇宙で一番うまいんだ」
生瀬さんがうまいって言われてましたが「年くってるだけだろ」って。
でも大竹しのぶさんや白石加代子さんと一緒に出た時
誰ひとり俺を観てなかった。ガツンと勢力がある方に目が行くんですね。

●宮沢りえ
「私の分身ではありません」でドンッと笑いが来て。
りえちゃんわからなかったみたいなんですよ。なんで笑いが起きるのか。
「分身では」で切っちゃうと、お客さんが次何言うのか考えちゃう。
予測通りの答えだったら、お客さんもう笑わない。
する前に(台詞を)言っちゃったら、向こうは笑うんだよって言ったら
「他は??他は??」って聞くんですよ。
●いい演技に見せる方法
秋浜悟史先生が(05年没・劇作家 大阪芸術大学教授)言った。
映像はアップとかあるから気にならないけど、舞台は常に全身を観られてる。
かためといたほうがいいって分かってるけど、どうしても手足が動くやつがいる。
だから先生、そいつにチョコバー渡して「食ってろ」
人がセリフを言ってる間、客はそいつがいずれ気にならなくなる。
「あいつはそういうやつなんだ」って。いかに客をごまかすかを教えてくれた。
僕は台詞を忘れると後輩をにらむ。
先輩がセリフ言う時は油断してるから
天海祐希さんとやり取りしてて忘れると、後ろの後輩をにらむ。
「俺だったのか!」って絶対、なる。
その間にずーっと考えてて思い出してセリフ言うと、
俺がフォローしたみたいになる。
舞台上では気が散ってる。誰が来てるかとか、堤真一さんが見える、
この後飲みにいけるなってw
役に入ると笑いが取れないですよ。なりきるなんてとてもとても。

僕絶対遅刻しないんですよ。花見とかでも一番に来て一升瓶持って。
寝坊してもものすごく気をつける。
酔っ払いが遅刻したら酒を止められるじゃないですか。
それが嫌。

●古田狩り
ケータイ持ってないんで、誰も誘わない。
若いのと飲むときは、森山末来、小栗旬、勝地涼、小池恵介。
下北とかで一人で飲んでたら、若いのが一軒一軒潰してって
俺がカウンターにいたら「ビ~ンゴ!!」
●今心に響く曲
「齢には勝てないぜ」



A-STUDIO 尾美としのり

(あまちゃんの後に)
道歩いてて、最近「パパ、パパ」って言われますね。
なんか買ってあげようかなとか。
鶴瓶:それはパトロンや。
なんか変な気分ですね。「お前のパパじゃねーよ」
鶴瓶:今日もスタイリストの人なしで来はったもんね。
そうですね。衣装も持って来たんですけど、似合わないし照れくさいから
私服で出ちゃいました。ごめんなさい。
今日も楽しみにして、鶴瓶さんと同じメガネで。


鶴瓶:元々子役でデビューして、最初は「火の鳥」でしょ。
    この人は、グンと行くひとなんですよ。「転校生」いくつですか。
撮影当時は15歳。公開は16、17ぐらい。
鶴瓶:「タイガー&ドラゴン:最初高座に上がるでしょ。嫌やなかったですか。
嫌でしたね~。時代劇(鬼平)を長くやってたので、着物着るのは慣れてたけど。
鶴瓶:磯山(TBSプロデューサー)は、「私は今、1ドラマに1尾美と思ってる」
    犯人じゃないのに犯人役みたいな感じで、しばらくしたら殺される役も
    してましたね?すぐ殺される。
    「転校生」の頃から一緒に仕事したいと思ってたらしい。
    実際やったらすごいよかったから「1ドラマ1尾美」クドカンや。

 

最初が「マンハッタンラブストーリー」この時もタクシー運転手。
今回は「あまちゃん」で夫婦役。すぐ別れるけど。

 

鶴瓶:能年さんね。あの娘かわいいからどんどん人気出て来てる。
    この前好きなタイプをNHKで聞いてたけど、尾美さんや言うてて。参照
いや、言わされてるw尾道三部作をお父さんお母さんの影響で見させられてて.。
「マンハッタンラブストーリー」イボリーは、友達に乱暴な奴のいまして
そいつをモデルに。

 

鶴瓶:落語でもありますよ。空気読まん奴。
    そいつと、山田(英生さん)は似てますよ。
え??失礼はしませんでした?
優しいんですよ。乱暴なのに。
鶴瓶:なんやおまえ、ごっついやっちゃ。
   最初会った時、ケンカしかけたんでしょ?
余りに傍若無人、こいつの態度なんだって、ちょっと腹立って。
居酒屋で飲んでて、下でずーっとタバコ吸ってたんですけど 
ずっと待ちぼうけ。
「なにいきり立ってんの?友達になるやつと喧嘩したってしょうがないやろ」って。

鶴瓶:ちょっとカッコええやろ
そんなことテレビで言ったら図に乗っちゃいますよ。
 
なれそめ
鶴瓶:高校の同級生やったんですよ。
なにやってんだか。。。
鶴瓶:奥さんは、高校の先生とケンカして、やめたんですよ。それで、定時制に行って。そっからずっと友達で。別に結婚しようと思わんかって。この方は他に彼女がいてはって。その彼女にはキツかった。で、奥さんが「だめだよ」言うてた。 下北歩いてたら、向こうから柄本明が来て「飲みに行こうよ」で、3人で飲んでた。この方は、柄本さんに「彼女だよ」と言われてから意識し出して。「付き合うてくれ」言いだしたらしいです。
これテレビで放送するんですか・・・
鶴瓶:取材は無駄にしないの。

僕あまり女癖がよくないって、柄本さんが知ってて。手ぇ出してる女なんだなぁと思ってたみたいです。

鶴瓶:これテレビでっせ。若い時はそう思われてたんやろ?こういう職業やから、親はよう思うてなかったんやろ?
お父さんはあまりよく思ってなかった。公務員以外はだめだって。
俳優なんか食えんのかって。でもちょうどその頃鬼平やってて。
「鬼平犯科帳に出てる」「どんな役だっ!!」
「木村忠吾、うさぎって役らしいよ」「あ、あいつはイイ奴だ」

 

鶴瓶:親にとって「鬼平犯科帳の忠吾」、ゾーンやからね。
ありがたかったですね。
自分も尾美なのに「尾美くん」って呼ぶ。
僕は「ママちゃん」って。
ママさんバレーのボール拾いもしてる。
町内の運動会のリレーでバトンもらった途端に「ブチっ」と。
肉離れだって。


鶴瓶:ウエンツも出てるって。どんな町内会や。
スベって血だらけになったらしいですww
鶴瓶:奥さんは「犬のウンコ取り名人」って呼んでるらしい。
聞いたら、「(役者の)仕事あんまり好きやない」って。
なんで子役からやってんの
幼稚園を休みたかったから。
ある日女の子が、コマーシャルの撮影で休んで。
「あっ、テレビに出る仕事なら休めるんだ」と。
テレビに出るのが目的じゃなくて、休むのが目的で。
ずっとエキストラばっかりでした。レッスンも行かなくて。

そんなレッスンとか受けようと思ってなかったし。
鶴瓶:だらしない子供やなぁ。
長くだらだらとやってますね。現場は好きですね。
「あまちゃん」まだ2週しか見てないですし・・
「じぇじぇじぇ」って言ったことないんですよ。東京の人間の設定なんで。
今NHKのドラマやってんですけど、記者会見で「倍返しだ」って
言ったんですよ。なにを言ってるんだこの人はって。
その時初めて「じぇじぇじぇ!」って言ったんですよ。



確かに鬼平の「うさぎ」って年輩者を安心させる。
10代から40代まで、ずーっと見てきた尾美サン。

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ