エチカの鏡:主婦が稼ぐ「聞き上手倶楽部」「PIXTA」・・・

ただ愚痴を聞いているだけで、時給830円(だったかな)

聞き上手倶楽部

聞き上手倶楽部リアル(ごめんこっちかも)

50歳の人が33歳の女の人を好きになってしまったという話、愚痴などを、問題解決などせず淡々と電話でお受けする仕事。いやぁ愚痴によってはおいら不謹慎だから爆笑するぞ。心の準備がいる仕事だな実際w

ミステリーショッパーは(覆面調査員)、あさイチでもやってましたね。

商品モニターもどっかで見たような・・・デコレーション、クロスワード、チャイルドマインダー等々は、昨今、通信講座でも見かけますが、そこから斡旋してもらうの?それともやっぱ、ツテかなぁ。いつか、「おいらがボラれた通信教育」って記事を書いてみたいぜよ。1回テープライターで騙されたからな。クロスワードは1本千円、ですか。デコレーションはケータイ1台で五千円の利益なり。チャイルドマインダーは、子育て経験があるなら三十万円程度で済むようで。んじゃうちの家に来る坊主の友達の親から、保育料せしめりゃよかったかな、と悪徳商人は考えた(^^ゞ

墓参り代行って、怖くない?もちろんお寺に勤める方法もあるけど、昔、都市伝説で、人んちの墓をアレすると、原因不明の熱が出るとかありませんでした?

PIXTA: こちらも「聞き上手」同様、アクセスが集中しているようで、現在サイトが重いです。しばらくすると落ち着くと思うけどね。写真好きな方は小遣い稼ぎになると思うけど、なんかちょっとなぁ。

ファロー五微症のお子さん(3歳半の時手術成功)を抱え、30歳で医大進学、47歳で小児科開業という主婦が紹介されてましたが、よもや中島みゆきの「ファイト」が流れるとは思わなんだ。

ううむ、旦那の協力なくしては何事も無理かなぁ。とりあえず2年後に逃走するために資金貯めなきゃ。

ネット上には詐欺目的の情報などもあります、との注意書き そりゃそうだ。

あ、エチカって久しぶりに下心あって見たけど、子育てのバイブルとかスーパー園児とかごめん嫌い。カリスマ接客も嫌だ。

追記:ついにtwitterでやなやつからフォローされたんで、即効ブロックした。何事もなかったようにいけしゃあしゃあとフォローしてくる神経が信じらんない。関係ない話だが。

堀ちえみの離婚と再々婚の可能性について。(追記あり 2011)

ミヤネ屋で改めて、堀ちえみの離婚見てた。

些細なことでも話し合えなくなってしまった。

旦那さんが、家とは別に事務所を持ったようですね。

ちえみちゃん。勝谷誠彦がスッキリで言ってたけど、夢とは他に理由があるんちゃうやろか。女性関係じゃないってきっぱり否定してたが。

夜中に旦那が家を飛び出したって?修復は無理やて?10分の電話で離婚が成立??

昔のアイドルって、たまにバツ2を見かけるな。

6月10日って4日前やんか。

子供たち全員を呼んで、状況を説明したら、「わかった」って?

うわなつかしいデビュー曲やらなんやら。さっきは「待ちぼうけ」流れてたっけ。

あの、前の旦那さんって、まだ日本のどこかにおるわけやろ?裁判中に支えて同棲してたのが、今別れたての旦那。

おいら、リポーター事情に詳しくないけど、ちえみちゃんの仕事のせいにしようとしてる女リポーターがおるな。

再婚を暗に勧めたりなぁ。ひとの人生やん。離婚したての人間の傷口に塩を塗るような質問だな。

価値観の違い

夢とロマンを追い求め、大手出版社を飛び出し、フリーに。

んじゃ、ゲゲゲの女房にはなれなかったってことやな。なんやあれもド貧乏なのに、茂が模型作って現実逃避しよるし・・・。

でも子供5人の親権がすべてちえみちゃんなわけね。養育費は気持ち次第。

うーん・・・

男ってやることなすこと矛盾だらけなんだよ。

親がお金がないからって、子供の夢を摘みたくないから働くんだけどってちえみちゃんたら。。。

そりゃそぉだよ激しく同意だ。

現実を見ようぜ。夢をかなえるにはお金が要るんだよ綺麗事じゃぁやっていけないんだ。

でもほんっと金金金でこの頃の習い事とか野球のクラブチームとかめちゃくちゃやん。そりゃぁ質の高い内容をうちのようなクソ坊主にどうもどうもって思うけど、親同士の関係とか、野球の日程を一番に考えろ仕事休んでまでとか、大会のコンパニオンよろしくね、って、悪いけど冗談じゃない。と、ここで私事をすみません(^^ゞ

で、完璧に家事も仕事もがむしゃらにってのがちえみちゃん主義なんだけど、そこはちょっとおいらと違う。おいらは正直言って母親失格。

人の家のことですから何ともあれなんだけど、ちえみちゃんがまた倒れることのないように。おいらのひとつうえだからね。

追記:しかしそもそも夫婦の価値観なんて違って当たり前だぜ。

追記と訂正:最初のタイトルに「雅子妃」とあり、文春の記事「雅子様ご結婚18年目の正念場」のこと書こうと思ったんだけどやめましただ。とりとめなくなるし。要はまだ愛子さまが1時間目の授業を休まれていること、暴言と乱暴の事実はあるのに学校が動かない、転校出来ないなど諸問題が今もってあるので付き添われているとか。

一応親やってるんで、この手の話を書こうとすると坊主が低学年のころまでさかのぼらなければならないし、労力を要するので割愛ね。他人同士が歩み寄って話し合うことのむずかしさ、らちが明かないと判断した時にひとはどうするか、堀ちえみの再離婚と共に考えさせられることではあります。

そういえば以前こんなん書いたんやった→山おんな堀ちえみ

元旦那さんって、以前、山の雑誌か何かの編集者?

追記その2:元旦那2号は「山と渓谷社」にいたそうですね以前。

ググったら出るわ出るわ彼女への悪口罵詈雑言。

まぁ半分当たってることだし人のことだからねぇなんともあれなんですよ。

上3人はともかく、下2人が突然グレないことを祈ります。おいらと同世代って言ったら親も年老いて病持ちだったり、自らの夫婦関係も正直微妙やったりするやん。それはさておき、なんでちえみちゃんがはなまるに出ないかって、今頃わかった自分もアホだったりしますよね。離婚は片方のみに責任をおっかぶせるもんじゃないんだよ。芸能人の記者会見ってどぉしても片方が悪者になるような見せ方するでしょう?ともあれ、40代はこれから大変なんだよなぁ何かと。

追記(2011年6月23日)

だめんずが好きな堀ちえみ。

今度は一般人のバツ2でふたりの子持ち。

もし再々婚が成立すれば、一挙7人の子持ち。

てんとう虫の歌かよ(古いな)

父親は3名。

なんかうらやましくなってきちゃった。

先の展望のなさに。

人生は何度でもやり直しがきくってことよ。

ちえみちゃんが教えてくれました。

しかしなぁ・・・2番目も初代も、かわいそうになるっちゃなるような・・・

息子3人の気持ちってどぉなんだいったい。

(株)日本総合通信の藤井 jst.8@docomo.ne.jp って誰や? 

先ほどケータイに来たメールをコピペしてみた。

(株)日本総合通信
TEL:03-3811-7083

担当の藤井と申します
早速ですが、本題に入らせて頂きます。

お客様がご使用中の携帯電話端末より、認証ネットワーク事業者センターを介し以前にお客様がご登録されました

『有料総合情報サイト』
『特典付きメルマガ』
『懸賞付きサイト』

等における無料期間内等で退会手続きが完了されていない為、ご登録料金及びご利用料金が発生しており現状で料金未払いとなった状態のまま長期間の放置が続いております。
当社はサイト運営会社より依頼を受けまして、料金滞納者の個人調査並びに信用度調査、悪質滞納者の身辺調査などを主に行っております。
本通知メール到着より翌営業日(営業時間内)までにご連絡を頂けない場合には、ご利用規約に伴い
①個人信用度調査の開始(悪質な場合は身辺調査の開始)
②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録
③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続(強制執行対象者等)の開始、以上の手続きに入らせて頂きますので予めご了承下さい。

※退会手続の再開、お支払いのご相談等をご希望のお客様は、担当藤井までお問い合わせ下さい。尚、本通知は最終通告となります。

※お支払いお忘れの方、誤ってのご登録のお客様はトラブルとなる前に至急ご相談下さい。

※メールでのお問い合わせは一切おこなっておりません。

営業時間
月曜~金曜10:00~19:00 土曜10:00~18:00
日曜(休日)

自分はぬけぬけとメール送信しておきながら、メールでのお問い合わせは一切行ってないっちゃ、なんでしょうね?

あと、ブログへのスパムコメント&トラックバックの多さなぁもう・・・。30日経ったら削除ってんじゃなくて、3日、いや1日で自動削除にしてもらえないかな・・・

過去にこんなメールが来た人もいるんじゃないですか?(記事参照

他にも、だから(株)ライアンの北島ってなんやねん。 架空請求メールが来た

・・・がございます。

ツイッターでも、自分は全然ツィートしてないのにフォローしまくってる人とか、フォロワー0の人がフォローしまくってるとか、明らかにやばい人もいるし、なんだかなぁ。

リカちゃんフレンド&新春スタートピックス

004

今日はおいらの誕生日。
片づけものをしていたら、こんなものを見つけた。消印は昭和49年1月11日(つまり1週間遅れ)10円切手だ。

差出人はリカちゃんフレンド。港区六本木にリカちゃんハウスがあったらしい。

「こんにちわー リカちゃんよ おげんき?

あなたのおたんじょうパーティに リカちゃんもいれてー 

あなたのおともだちといっしょに 

リカちゃんも おいわいするわ

リカちゃんのおたんじょうびは 5月3日なのー」


さりげなく自分の誕生日が5月3日であることをアピールするリカ。

「スーパーマーケット」も持っていた。写真では切れているが、当時は1450円なり。36年後の現在も高価なおもちゃなんだろうか。

ところで、「新春スタートピックス」や「新春スター年賀状」なる5分間番組は、いつから放送されなくなったんだろう。

10年ぐらい前までは「スタートピックス」ってあったような気がする。演歌歌手とかアイドルが出てたんだけど、もう必要性がなくなったのかおいらが見落としてるだけなのか。

人生案内:もつれた心ほぐします/野村総一郎 を読んで。【2011改訂版】

2011.3.1改訂版

中3女子「NARUTO」のイタチが亡くなったことにショックを受け、立ち直れずに人生案内に悩みをつづったところ、野村総一郎先生からの回答を得られた。

野村先生はお忙しいさなか「NARUTO」を全巻読まれた。そして同作品にかなりハマったと書いておられた。原作読まずして悩みに答えられないと思ったのか、それにしても全巻読破とはすごい。また「生きて行くのがつらい」という中学生のフレーズが琴線に触れたのか「やはりアドバイスが必要かも」とも書かれておられる。

イタチは自分の使命を果たし、弟への愛を貫いた。美しい自己犠牲の生き方である。現実に自己を犠牲にする必要はなく、若い時には「美しい生き方とは何か」をイメージするだけで、素晴らしい体験だと思うのです。イタチの想いをあなたの心にとどめておけたら、イタチも、漫画の作者も本望であろう、ストーリー上で死んでいても、ページをめくればいつでも会える。(抜粋)

親や教師や友人なら「なんて非現実な」などと言って片づけてしまうところだが、野村先生は違っていた。

この本には、過去に当ブログで取り上げたものも収録されている。

 

人の幸せをすぐねたむ人生案内

 

チェッ!チェッ!チェッ! な人生案内

 

アウトローな人生案内

 

愚かしい俗世間の人生案内

 

投書してから実際紙面に載るまで、どのぐらいのインターバルがあるのだろう。長いのか短いのか。すぐ載るのか忘れたころなのか。ネットの普及した今、紙面に載るころには悩みが解決したなんてことも珍しくないのかもしれない。また、書き連ねているうちに心が落ち着き解決したこともあるかもしれない。

すべての人に勧めるわけじゃないが、ブログもしくは日記に記す行為は、自分の場合有効な方法だった。自分の立ち位置がわかることだってある。ブログは生きた証、なんてたいそうなもんじゃない。でもストレスが軽減されるのは確かだ。

「指揮マネ病」「ゴキブリ嫌い 自殺考える」悩んでいる方には深刻だけど読んでいる分にはほほえましい悩みもありました。でもうちに60匹もゴキがいたら、笑いごっちゃないでしょ。ホラーより怖い。

世の中には無数の悩みがあるんだと再認識した次第。18万人いたら、18万とおりの悩みがあるし、ある人にとっては死を考えるほどつらいのに、同じ悩みが別の人には笑い飛ばせるものに変わってしまうこともある。

ひとつひとつに、限られた字数で真摯に答える姿勢には、読んでいて感心しきり

 

2021年追記:人生案内、はてなブログでどうぞ 

 

 

 

人の幸せをすぐねたむ人生案内。

このところの忙しさで、人生案内が面白くても感想が書けない日々が続いていた。

人の幸せ すぐねたむ(2009年7月1日 読売新聞人生案内)

なんというか、坊主の学校の保護者にひとりふたり、数名はいそうだ。いる。

だからって少年野球のカテゴリに入れる必要があったのか。我ながら疑問だが。

だって、同学年で自分の子より一足先にレギュラーになったよそ様の子のこと、妬ましいと思ったりするでしょう?

おいら?おいらはないです。なぜかというと、うちの坊主は、こと野球においては逆の立場、ねたまれる方が多かったから。そう、高学年に混ぜてもらって練習したり試合に出させてもらったりしたから。

今だって、スタンドで練習や試合風景見てる時の、親の会話が恐ろしい。

「あんで途中から入ったやつがスタメンなんだよっ」

「なんであんなのが選ばれるんだよっ」「○○より××くん入れてやんなよ」

それ、子供たちが言ってんじゃなくて、特に母親同士がキレつつ言ってんだから。

文句言うだけならまだかわいいけど、その子のあらぬ噂流したり、いじめをけしかけてやめさせるとか、あ~まだこんな親が在籍してる情けなさ。

で、話を読売に戻す

このおばさんも恐ろしい。

五輪金メダリストの親が憎らしい

WBCで優勝した選手の妻が憎らしい

親友が玉の輿に乗ったのをねたんで絶縁状を贈った

日本選手が金メダルを取るとイライラする

年賀状に赤ちゃんの写真があると破って捨てる(→こいつの子供たちは独身)

もうここまで来ると立派な病気。ワタシはこの人は地獄に逝くと思う。うちの部の保護者約1名にそっくり。ふたりしてなんらかの処罰を受けるべきだ。

だから回答者も野村総一郎先生なのだ。

忘れてご自身の現実生活を大事にするようにしてはどうでしょう

それしかない。

もちろんその結論に至るまで、野村先生もつらつら書かれておられるけれど。

しかしこんなばばあが姑じゃなくてよかった。つか、こういう奴は何らかの形で罰が当ってることは間違いない。

で、おいらには、ねたむ気持ちが本当にないのか。

ねたむ、というより嫌いなのは、芸能人が結婚して子供を産むと、必ずカリスマ主婦として崇められてしまうのがどうしても嫌。誰しも母親は同じなのに「子育て大変ですね」とか、信じらんない。

おいらは元々野球が好きなので、勝つに越したことはないと思うし、金メダルそのものにいらついたことがない。

自分自身の劣等意識が他人の成功で刺激された結果が「ねたみ」

でも別にかわいそうじゃない。全然。

無意味な劣等感については、ひろみ郷もどっかで語っていたじゃないか。

サザエさん一酸化炭素中毒死。

大変不謹慎ネタですが。

005.JPG

感情を抑えられない人生案内。

2009年3月25日付読売新聞人生案内 「感情抑えられず悪口」

はじめに断わっておく。おいらはこの相談者のようなタイプが嫌いだ。

でも、「悪口を言われた側」の悩み相談は見かけても「言う側」の立場が相談者であるのは、今回初めて見たような気がする。

人の嫌な面ばかりが目につく

意見を述べるうちに気持ちが高ぶって泣いてしまう

しつこいセールスマンに、職場にいることも忘れて罵声を浴びせる

・・・一緒に外出してくれる友人はほとんどいません

そりゃそうだろうよ

野村総一郎先生もおっしゃるとおり、これは悪循環にはまっている。イッツ・スパイラル。

己に気がついた時にはひとりぼっち 誰もいない 私は愛の難破船。

言われる側として底の浅い経験談を一つ。

坊主の友達の保護者に、まったく同タイプの方がいます。

彼女が近づくと、ほとんどの方がさりげなく席を立つ。

彼女が我々の方へ歩み寄ると、我々はそれぞれが「用を思い出したっ!」と言わんばかりに、散り散りにその場を離れる。

彼女が校庭のスタンドにいたら、我々は手前のバックネットへ。

あっちにいけば、こっち。

逃げ遅れた人は、愚痴や指示や悪口や噂ばなしを聞かされる。

絶対彼女気づいてるだろうに。その原因が自分にあるこたぁなぁ。だってその配偶者が気づいてんのにさぁ。因果応報だよ天罰だよ。

ノートに、悪口を言った場合は●、逆のことを言った場合はその内容と○を記入。一日の終わりに、どちらの丸の数が多かったか眺めてみる。ひとつでも○が多いと悪口は減っていく。

と、解決法のひとつを野村先生は述べておられる。「心の動きを視覚化する」こと、投げださないこと、それが一番大事♪

オセロノートでも躓いてしまったら

ブログやんなさい。

おいらだって悪口言う奴のこと嫌いと言っておきながら、結構ブログでいろいろこきおろしてます。性格悪いし腹黒いよ。

しかし感情的な人間と対峙するのってめっちゃ疲れるわ。次の日誰ともしゃべりたくないもんな。いろんなひとが被害に遭っているということは分かってほしいのう。自分の言うことは間違ってない、確かに正論かもしんないけどうっとうしいわ。人に指示して、相手が思い通りに動かんのが不満やったら、自らがさっさと動きなさい。

※関係ない話:ああ~陣内の浮気相手ってみんなムキになって検索しとるな。ほんまに東京追放なんか。あの記者会見、警察沙汰起こした晒しものみたいやった。おもいっきりDONはどないするんや。検索ワードと言えば最近すごいな。みんなが松村邦洋の容態とか心室細動ってなんや言うとる時に「松村 ちんちん芸」ってなんなん不謹慎な。そんなん書いた覚えないぞ。

チェッ!チェッ!チェッ!な人生案内。

2009年3月11日付読売新聞人生案内

「夫の舌打ちで嫌な思い」

即座に思い出したのが岩崎良美の「チェッ!チェッ!チェッ!」

相談者はこの歌嫌いなんだろうなぁ。ワタシも一連の「タッチ」ものより「涼風」「I THINK SO」あたりが好きだけど。

旦那さんは、たぶん、ストレスをうまく言葉にして伝えられずに「休日には何十回も舌うち」するんだろう。または「仕事の話を配偶者にしてもしょうがない」という「どうせ」な気持ち。

「他の人もしている」と言っているようだけど、自分の周りを見渡すと、大人には一人しかいなかった。それも数年前のこと。某お掃除会社の担当のおばちゃんが、おいらの家との打ち合わせの最中に、互いのスケジュールの行き違いから電話口で舌打ちをされてしまった。40過ぎの方が、顧客に対して、いくら長年の付き合いだからってなさるもんじゃない。即刻解約した。

ごく最近では、坊主(小5)の友達。

気に入らないことがあると、最低5連発は舌打ちをする。

坊主たちは頭にきて「あんだよおめぇ、文句あるんだったら言葉でしゃべらんかコラァ!」と怒鳴り大喧嘩になった。その後彼のニックネームが「ちぇ」に変わった。しかしまだ治っていないらしい。

だから、想像で申し訳ないけれど、舌うちって、子供の頃からとがめられることも指摘されることもなく、或いは注意されればされるほど思わずやってしまう癖なのかも知れず。きっと相談者と知り合う前に付き合っていたかもしれないひとと、それが原因で別れたとか、指摘されたこともないんじゃないかとも思うわけで。

「通帳を置いて出て行け」はないでしょう。通帳持って行きなさい出ていく時ぐらい。慰謝料のかわりです。

回答者の野村総一郎先生「お子さんも含めて、家族そろってのちぇっちぇっ一家」「その感じ悪さに互いが気づけばいい」一つの方法じゃありますが、逆ギレも覚悟しといたほうがいい。

ちなみにひところ坊主は貧乏ゆすりが癖だった。が、転校の不安が解消されると治った。爪かみが癖だった坊主の友達は「集団爪かみの刑」(→要するに周囲が爪かみを真似ること)でいつのまにか治ったそうな。真似をした坊主いわく「爪なんか噛んだってまずいのになんでやるかな」

専門的なことはわかりませんが、癖とストレスは密接な関係があると思う。

昨日(3月10日)の読売人生案内「引っ越し先 友達来ない」

相談者自ら「人付き合いが苦手」なんだったら、義務感で友達作る必要ないんじゃないの。「確保」なんて表現アアタ・・・。こっちは友達だって思ってても、相手はじぇんじぇん迷惑に思ってることなんていっぱいあるんですよ特に女は。

よく転居ハガキの決まり文句に「お近くにおいでの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください」(→どうも「お」が多いのう)って、まるでモデルハウスの広告文みたいな文章がある。

あれどーもいやだ。実際に車を走らせてて「おお、あいつんちやんけ、ちょっと寄ってみっか」と思う輩がどんだけいるの。普通ためらうよね子供じゃあるまいし。

おいらも人付き合い苦手さ。昨日なんか小学校の参観日→少年野球でまぁ疲れたのなんの。孤独大好きズラ。「何十年か先」の心配」するんだったら、今日の晩のおかずとか明日の家計気にするね。せいぜい2、3年後は気にかけるけどな。仕事も厳しいのに坊主に金かかるしよう。金持ちだったら子どもにスポーツさせるの楽かも知んないけど、頭痛いぜよ。かといって産んだ子の希望ぐらい叶えなきゃなとも思うし。

人付き合いにマニュアルなんて要らないんじゃないかなぁ。出久根さんのベストアンサーだな。「好きな本を読み、音楽を聴く」時間が減るのはおいらも嫌だ。

今日でブログ2周年です。これからもどぞよろしく。

PS、カーネルサンダースの下半身と手も発見されたけど、その映像がorz。。上半身なんかハナ肇の銅像かと思ったで。こいつぁ春から縁起がええ。

ひとりごとの人生案内

温厚な義父 乱暴な独り言(11月11日読売 人生案内)

誰にも聞かれていないと思うのか、うちの旦那も早朝から独り言を言う時がある。

これが、日頃は絶対他人に対して言わないだろうな、と思うような暴言大全。

大体、納期が差し迫った時、または仕事でミスった時か、対人関係で躓いた後が多い。

「急ぐ急ぐばっか言いやがって、んじゃテメーがやってみろ!」

「●●くそボケ!!こっちは仕事やってんだっ!テメーと違って暇こいてねぇんだよ!」

最初は寝言にしては過激だな、と思ったのだが、朝から2日以上続くとさすがに心配になり、さりげなく聞いてみたら、

「それで発散してるのだ」

という答えが返ってきた。

それ以上の追及は逆切れされそうだったので、もう尋ねないことにした。

だから野村総一郎先生の「大きな声でストレス解消をしているようにも思える」のもうなずける。

うちの旦那は「仏様のような優しさ」はないかもしれないが、他人様にはそう言って感謝されることが多い。確かに、他の男の人に比べると、棘が少ない。付き合い始めのころ、怒りの感情をどうやって解消するのか不思議だったが、そう言われてみれば独り言がそうなのかもしれない。

父親は、自分が子供のころ、テレビに向かって独り言を言っていた。嫌いなタレントが出てくると、これがもう放送禁止用語やえげつない差別語のオンパレード。70年代でも子供心にいかがなものかと思ったことがある。だから結婚相手は絶対にテレビに向かって毒づかない男がいいなと思っていた。

旦那はおとなしくテレビを見るのだが、坊主はうるさい。つか、プロ野球中継を見ていて野次る行為は、独り言の範疇だろうか。あれって、誰でもやってないかな。自分も先頃の日本シリーズでは、巨人のアレに(→これ以上は言いたくない)父親が憑依したのではないかと思うくらいの罵声にも等しい独り言を言い続けた。配偶者から見れば不気味な行為だったかも。

野村先生は回答の締めに、「時の流れが加われば、確実に傷は癒えていくのではないか」としている。

相談者の義父は、過去の金銭トラブルを思い出すと独り言が多くなるそうだ。

確かに、嫌なことを思い出したりすると、(それが本人に直接ぶつけられない場合が多い)思わず出てしまう独り言ってあるのでは。

学期途中の転校って、環境が激変して、身の置き場がなくて、つい独り言を言ってしまう子供がいたりする。それが授業中だったりすると、他の子に気味悪がられたりする場合がある。転校ショックってあるんだと思うが。坊主のクラスにもいる。坊主は幸いにもすぐ慣れたので、なかったらしい。その子はもう何日も続いているみたいで、なんとかしてやれないかなぁ。時の流れがゆっくりしているように感じるなぁ。

つくづく思うけれど、自分にとってブログを書くのって、ひとりごとにも等しい行為なのね。

無料ブログはココログ